徒然日記2000年11月

[先月] [目次] [来月] [トップ]

11月03日(金・祝)

10月31日に、LinuxWorld Conference&Demo/Tokyo 2000に行って来ました(会社のお金で(笑))
行った感想は、「つまらない」の一言。サーバーの話ばっかり。
デスクトップ環境としてはどこも考えていないようです。ディストリビューションを配っているかと思ったけど、それも無し。ん〜。
ただし、有名人(?)は見かけました。LinuxJapan編集長の風穴さんとか、その他諸々・・・。
印象的だったのは、TurboLinuxにいた、女の子かな。

その会場が東京の有明だったので、ゆりかもめに乗ったのですが、ん〜、不気味。
完全無人で動くのって、原理を知ってると気持ち悪いものがあります。
あと、日本ってすごい国だな〜と感じたのも、そのエリア。
海の上に、道路や線路(じゃないな、通路?)があるし、海に向かって車は沈んでいくし(トンネルの事ね)近代的な建物は沢山あるし・・・。
まだまだ、すごい国らしい。
帰りは、名称の変わった「りんかい線」に乗って新木場まで出て、そこから秋葉原へ(笑)おきまりコース。
りんかい線はほとんどJR東日本の209系と同じでした。内装が地下鉄っぽかった。なので、拍子抜け。

秋葉原で、SUNのUltra1が格安で売られているのを発見。購入してしまいました。
ただ、スペックがちと怪しい。UltraSPARC1の143MHzにメモリが192MB、フレームバッファはTGXでHDDは2GB。CD-ROMは無かったので追加して、FDDは無しのまま。TYPE5のキーボードにマウス。
おぉぉぉ〜、64bitCPUだぜ〜。CPUは動作速いけど、HDDがネックでちょっと遅く感じます。
あ、OSはSolaris2.6です。HDD周りが改善されると速いマシーンだと思うんだけどな。

そんなスピードのことより、私が感心したのは、そのハード!
さすがSUNと言うべきなのか。
EMI対策は「ここまでするか!」の徹底ぶり。ノイズの出る隙間がほとんどありません。ふたを閉じると板金で囲まれます。
また、熱対策も凄くて、少しでも発熱するところには必ずFANの風が当たる。
電源はSONY製、CD-ROMは東芝製・・・などなど、一流メーカーの部品ばかり。
凄いです。高い金を出させることだけはあります。こういうハードを見ちゃうと、PC/AT互換機のなんてチャチな事・・・。
ハードの設計をしている関係で、オーバークロックや、それに関連する「喝入れ」なんてやりたくもない(そんな状態でデバイスを駆動させたくない)のですが、一般的な物欲を煽る系の雑誌は、そんな事ばかり・・・。少しは、「ハードウェアの信頼性」ってのに、力を入れて欲しいものです。

あと、フレッツISDNの申し込みが12月6日から始まるようです。使えるのは25日かららしいけど、私の所はどうなんでしょうねぇ。OCNエコノミーを引いて、サーバーを立てたいけど、無理そうなのでフレッツで我慢かな。あと、汎用JPドメインを取得予定。
ん〜、サーバーを運用してみたくなった。

[先月] [目次] [来月] [トップ]
メールはこちらまで